桂剥き投稿2017   Suさん(62-4)

青い丸の部分、親指の付け根の関節をくの字に曲げて親指を下ろすのをやめましょう。 それがあるかぎり青い6角のおまたの緩みは治らないので右手の甲は真右を向いたままで面圧がかけられないのです。 かけられないから大根が厚い薄いの凸凹になるのです。



カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. Su62-4 YOCO のコメント:
    おはようございます。

    ご指導ありがとうございます。

    エアと動画でイメージと指使い、手の向きの落とし込みをし、今晩この点改善のための実技練習致します。

    動画を観て、初めて自身でもあれ?ここがお手本動画と異なる。と気になりました。

    剥いている時にはできている?
    少し改善できているかしら?
    などと思っていたのですが、画像や映像で俯瞰、確認すること大切ですね。投稿前にその時間を作らなくてはいけません。
    時間捻出も努めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です