桂剥き投稿2017   Moさん(107-2)

赤ペンは体幹が動かなくなりましたね。 砥ぎはまだまだとんでもなく押し付けています。 もっともっと包丁を持ち上げてください。 水にしか触れてはいけません。
包丁と砥石が触れないように前後させましょう。
Air桂剥きはかなりの精度でできています。このまま大根に移動すると・・・・
リアル剥きも上手です。もう少し右手指のおまたを閉じられるともっと面圧をかけやすくなって上下動が楽になります。 まだ左に剥き進もうとしています。
合谷で親指を下げられているときと、親指の根元の関節がカクっと折れ曲がるときがあります。 常に合谷で。
細くなってきたときの左手の指の使い方が実に正しい。 よく勉強できています。 すごいねぇ。
剥いた大根シートが光輝いていますね。 刃が仕事をしている証拠です。
一定の面圧で一定の厚さを保てると輝きます。
刻みも上手です。 音も静かで、乱暴な打撃音がしないので見ていて嫌な波動がいっさいしません。
次からは「マッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む」を課題とします。
一定に、断面正方形にこだわってください。

 
 


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です