桂剥き投稿2017   Naさん(67-5)

まだまだ押さえていますねぇ 水には触れても砥石には触れない。 この言葉を信じられていません。 心のどこかに「そんなわけ無いやん」という気持ちがあります。 だから包丁をあてがうと本能的に押さえてこするのです。 自我を一度外して信じきれるかどうかがあなたに問われています。 ま、そんなにたいそうなことでは無いのですが、できるかできないかは私を信じきれるかどうかです。
桂剥きは合谷の筋肉で包丁を上げ下ろしできていません。現行犯写真wです。
そして力んでくると右脇が締まって右手で包丁を左に進めます。 だんだん逆パイロンになるパターンですね。
まずは包丁の握りをもっと浅くして合谷の筋肉を使ってゴシゴシできるようになりましょう。
それでも切れ切れにならずにずっと大根シートを剥き続けられるのはすごいです。
正しく手を使えるように今、しておかないと一生悪癖が取れなくなります。
刻みは全く問題なし 上手です。 刃に仕事をさせられています。 うまいね〜


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です