桂剥き投稿2017   Hoさん(100-1)

赤ペンはただ前後動させることに意識が行っていませんか?押すときに砥げて、手前にリカバリするときには砥げません。 それをしっかりイメージして前後させてください。
剥きは 慌てすぎです 落ち着きましょう(笑) アワアワばたばたしていては絶対に桂剥きは上手くなりません。 面圧がどこかにすっ飛んでしまっています。だから厚い薄いができてブツブツ切れるのです。 やり直し!
刻みはもう2センチほど手前の刃を使って刻むとすだれが激減します。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. じゅんじゅん のコメント:
    中川さん

    早速のご指導ありがとうございます。
    はい、落ち着いて取り組みます。
    赤ペンは倒さないことを意識していたので、砥ぐつもりで押す、引く練習します。
    刻みは刃の位置を変えます。
    これからもご指導お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です