桂剥き投稿2017   Moさん(107-2)

赤ペンが砥石の端から端まで移動していません。もっと奥まで進めてください。
砥ぎはなかなか上手です。 もうすこし押さえる力を緩めたら泥が出てきます。 まだまだ押さえすぎています。
10円以上開けないように。20円や30円になっているときがあります。というときは刃の角度が一定していないということです。
剥きは上手くできているように見えますが、右手で包丁を左に剥き進めています。
危険ですからすぐにやめてください。右手は刃を上下させるだけに集中するのです。
左手指手首で大根を刃に向けて送るのです。
左手が約束破りの縦になってきています。これは危険な徴候です。
残った芯が葉巻型になるのは左手で大根を握り締め過ぎているためです。
刻みは良いですね。リズミカルに刻めています。 すばらしい。
よく切れています 断面もひかり、断面正方形も多く含まれています

 


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です