桂剥き投稿2017   Icさん(100-4)

画像も動画も、実に正しい投稿ですね。 素晴らしいです。 皆の手本になります。
剥きはほんのすこしだけ右手の甲を真右では無く、すこし右上に向けてください。
親指と人差し指のまたの開きが閉じて上げる下げるがしやすくなって逆パイロンが治ります。
刻みは正しく刻めています。 切れた大根が競り上がってきて右手の甲に溢れるのは有次を見られている証拠ですからOKですね。
砥ぎはまだまだ押さえすぎです。 そして砥石の真ん中1/3しか使えていません。端から端まで使いましょう。 押し付けたらダメですよー。 浮かすのです。
断面正方形がたくさんあります すばらしい。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. メロン のコメント:
    ご指導ありがとうございます。

    右手の甲の向き、修正します。
    一度確認していただきたいので、帰宅後にiMessage送らせていただきます。

    研ぎは抑えすぎだから泥が出ないのですね。
    動画やブログをよく見て大切に練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です