上級幸せコース10月の復習  Taさん(37-5)

%e9%87%91%e5%b9%b3刻みの精度が上がってきましたね。断面正方形に刻めています。
あとはこれをよく砥げた包丁で手速く刻めるかどうかにかかっています。
よく切れる包丁で速く刻めれば刻めるほど「アク」は出ないで金色に仕上がります。
目指してください。

%e9%ab%98%e9%87%8e%e8%b1%86%e8%85%90美味しく柔らかくできています。  合格です。

%e5%8d%97%e4%ba%ac柔らかく炊けています。 ひょっとして覚書のとおりの分数を頑なに守ろうとしていませんか?  この南瓜は炊き過ぎで割れがひどいように見えます。 柔らかく煮えればあとは予熱で染み込ませるようにしてみてください。 それが何分ぐらいかは「南京と火加減」によるのです。 難しいでしょう?  これが煮物の難しさです。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. ひかる のコメント:
    中川さん
    ご指導いただきありがとうございます。
    包丁研ぎから見直していきます。

    南京の炊く時間は覚書より短くしていましたが、柔らかく煮えればあとは・・・の一文にあっっっっ!となりました。ありがとうございます!この南京が炊けるまでめげません。
    南瓜の表情を見て炊けるように重ねていきます。
    煮物、ほんまに難しいです。難しくて面白くて楽しいです。

    日日ご指導いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です