鱧の骨切り特訓講座の復習  Maさん(12-9)

YouTube Preview Image
鱧のおろしは肝心の出刃の入れ始めがカメラ位置が悪くて見られません。 ちゃんと確認してから始めましょう。
トースターと精米機ばっかり見てる気がします(笑)
あとは姿勢です。おろしているときに鱧に顔を近づけすぎです。もっとすっくと立って格好良くおろしましょう。
背びれを引くときにブツブツ切れるのは出刃を動かしてしまうからです。
骨切りは姿勢も良く、格好良いですね。 音も良い音がしています。
1ページの幅も薄く、ちゃんと有次を見ながらリズムよく切れています。
真ん中から刃元にかけての砥ぎが要チェックです。 音が知らせています。

IMG_1068
FullSizeRender上手になりました。 骨は当たらないはずです。

FullSizeRenderいいですねぇ。 ご両親にもふるまえたのですから大満足ですね。 私も嬉しいです。
細かいことをいうとメインの俵鱧はもう少し大きく、輪ゆずの白いわたの部分はもっと切り取って緑の濃淡だけのソリッドなリングにしましょう。
でもこれはPro級のアドバイスですから気にしなくても良いです。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ますます のコメント:
    中川さん、ご指導下さり本当にありがとうございます。
    精米器、トースター、何だか恥ずかしく反省です。申し訳ありません。
    姿勢も研ぎも気をつけます。

    背びれが一気にいつも取れないことに難儀していたので、アドバイス頂きとても有難いです。

    何とか椀ものまで来れたことに、ほっとする気持ちと、嬉しい気持ちです。
    家族みんなで椀ものを頂いた感動は、この夏の思い出になりました。体に染みる美味しさを味わせて頂き、中川さん、本当にありがとうございます。

    今日頂いたアドバイスをもとに、これからも精進致します。
    いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です