黒豆の復習  Isさん(25-2)

IMG_9938ふっくら炊けました。 これで良いでしょう。
密が満ちている炊きあがりが舌で齒で感じられたら合格です。
私の手本を教室でたっぷり食べているのですから家で復習したものが手本に近ければ良いのです。 覚書なし、舌覚えの料理の修行です。 秘伝っぽいでしょう?


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. 子象 のコメント:
    中川さん

    こんにちは。
    ご指導ありがとうございます。

    お教室でいただいた時のような仕上がりになかなかならず、
    なにがどう違うんだろう?の繰り返しでしたが、
    ギリギリまで諦めずに粘ってよかったです。

    舌と齒で感じ帰ったものを再現するというのは、
    すごく難しいですが、
    近づいた時、それが嬉しい、楽しいに変わるんだなぁと思いました。

    舌覚え、今後も訓練します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です