餡かけうどんと蓮根ステーキの復習  Haさん(68-3)

あんかけうどん美味しそうにできましたね。 餡も腰がよく出ています。 味は満点ですね。
レンコンチップスの置き位置が少し違いますね。お手本を見てみましょう。
少しオフセット(ずらし)することで和食は色気と柔らかい景色を生み出すのです。


蓮根ステーキ美味しく焼けています。 こちらも盛りの順番、重ねは正しいです。
でもチップスが頂上にあったように、一個ずつの間隔が同じですね。ここに遊びのずらしが入るのが色気です。奥の二枚をやや近づけて手前の1枚をすこし離し気味に重ねてみましょう。



蓮根ステーキ2こちらは2枚の盛りですから間違いはありませんね。すこし手前の一枚が傾き過ぎです。
12時をはるかに通しすぎて13時半くらいを指していますね。
ここをあまりにかしげすぎると「2枚で1組」という関係性が崩れるのです。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. Ha 68-3 のコメント:
    中川さん、こんばんは。

    早速のご指導ありがとうございます。

    今回は、盛り付けに不安をもっての投稿でした。レンコンチップの置き方見本をしっかり確認します。
    遊びのずらしがはいるのが色気を生み出す、なるほどです。ひとつひとつが、ご指導いただいた言葉のとおり、確かに色気のない景色は、つまらなく色あせてさえ見えます。温かさ、優しさもみえず、いかにも機械的でした。
    貴重な学びありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です