煮物コース秋冬編 基礎力強化桂剥き投稿 70 Hoさん(3-3) 8回目

FullSizeRender
IMG_3995
YouTube Preview Image
赤ペンは砥石から赤ペンが離れすぎです。好きな高さで動かしてはいけません。赤ペンの尻が砥石に触れるか触れないかのところを前後させましょう。
赤ペンで砥石と手の距離をつかめていないから包丁になるとワケワカメになって刃を砥石に押し付けます。それで安定を求めてしまうのです。 赤ペンと砥石と同じ力加減で動かしましょう。 もっと驚くほど泥が出てきます。

剥きはうまくいかなかったとか書いてありましたが、私が診た中であなた史上一番上手でした。横線もほぼ消えてかなり薄く剥けるようになっています。前回も言いましたが、まだまだ刃の上下が速過ぎます。同じく送るのも速すぎます。
もっともっとじわーーーーーーと上げましょう。速く上げるのではなく長く上げるのです。
ここにもガガガ上げ、ガガガ送りが出ているので完全に無くしましょう。もっと薄くなります。

刻みも今までで一番上手です。薄く剥いたものを枚数多く重ねてあるので力できりおろすとそれなりに抵抗が生まれます。今まで感じてこなかった感覚でしょう。 でも薄く向いている人は普通に感じている抵抗です。 もっと左に進む速度を遅くしましょう。刻む速さは速くしてください。

 


カテゴリー: 煮物コース基礎力強化桂剥き パーマリンク

コメント

  1. おはる のコメント:
    中川さん、
    お忙しい朝にご指導をありがとうございます。
    思いがけないお言葉に嬉しく、また、ガガガが自分でも気になり投稿を躊躇しつつでした。

    どんどん浮き出て残るガガガを何とかします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です