煮物コース秋冬編 基礎力強化桂剥き投稿 47 Isさん(84-3) 10回目 最終投稿

IMG_3194
IMG_3196
YouTube Preview Image

砥ぎは、今回の強化投稿で一番進化した技術ですね。 なかなか塾生の中にもあなたほど力を抜ける人は少ないのです。よく泥が出るようになったし音が優しく豊かになりました。 あなたはもう「私包丁砥げます」と人に言っても良いです。 合格。

剥きはぎゅ!ぐい!というのが完全に消えましたね。ゆったり長く大きく剥けています。
縦線も減り、薄く剥けるようになりました。 上下動がゆっくりでも長く大きく動かせば結果としての大根極薄シートは速く生まれてくるということが判ったのが収穫ですね。
薄く薄く剥くと1さく向き終わるのに時間がかかります。それは体育倉庫に巻かれている体操マットを解く時とラップを一本全部出しきるのではラップのほうが時間がかかりますね。 それと同じことです。 遅いのに速いという不思議な現象が起きるのです。

刻みは速く打つのは良いのですが、包丁が左手に面圧を当てられていないので1打ごとの幅が違います。 せっかく薄く剥いたのにシートの厚みと同じ幅に刻めていません。
速いのと粗いのは違うので注意しましょう。
剥いた厚みと同じ幅で刻む。 これからの課題にしてください。

お疲れさまでした。

 


カテゴリー: 煮物コース基礎力強化桂剥き パーマリンク

コメント

  1. ミホ のコメント:
    中川さん、最後までご指導ありがとうございました。
    見に余るお褒めの言葉ありがとうございます。
    今回の投稿で、技術の取得は急に身につくものではなくて、毎日の積み重ねにあると実感しました。
    課題はまだ沢山あるので、これからも引き続き練習していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です