中川式玄米の炊き方指導2124 Taさん(91-1)です

DSC_0326前回は火が強すぎましたが、今回は火が弱すぎましたね。
ふうわりさんが誕生するまでは紙袋で保温をしていましたので、その時代であればこの炊きあがりならば蒸らし不足になってもっと美味しくなかったでしょう。
ふうわりさんのおかげで加熱加圧不足の炊飯でも美味しく蒸らせてしまうのです。
良いような悪いような性能なのです。
ですから最近はお通じチェックを厳密に行っています。 正しく皮感無く炊けた御飯はお通じを改善してくれるからです。
次回は前回と今回の間くらいの火加減で炊きましょう。
どんどん炊かないと愛クラスでの記憶が薄れて思い出せなくなりますので急ぎましょう。
48点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. 91-1 のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    見ていただきありがとうございます。
    火加減注意して炊いてみます。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です