子持ち鮎の煮浸しと金時豆の甘煮の復習 Koさん(51-1)です

IMG_0796よく染みて美味しそうです。 教室と同じ醤油を使っていますね? それでしたら少し煮詰め過ぎたかもしれません。 煮汁の量に対して鮎が小さすぎたということはありませんか? 微妙な火加減でどんどん味が変わります。 それほど煮物コースのでお教えする料理は難しく高度なのです。 感性も味覚も必要になります。


IMG_0802こちらもすばらしくおいしく出来ていますが満点じゃない。 まだ柔らかくおいしくできますね。 手前で「こんなもんかな」と止まっています。
一度殆どの豆が割れ割れになるまで加熱してみれば良いのです。 その手前に大正解はあるのです。 黒焦げ指令と同じです。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. ののか のコメント:
    見ていただき、ありがとうございます。
    鮎は、煮詰め過ぎました。
    煮詰め過ぎないように、と思いながら、
    ついつい煮詰めてしまいました。
    火を止めるタイミング、逃さないように気をつけます。

    金時豆は、おっしゃる通りです。
    加熱やってみます。

    煮物講座の高度な技術、しっかり身につけていきたいと思います。
    引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です