煮物コース3種の復習  Asさん(67-3)です

IMG_1661美味しそうにできましたね。手速く仕上げられています。 シャキシャキ音が聞こえて来そうです。 たっぷり食べてください。

FullSizeRender上手になりました。 マックス近くまでふっくら炊けています。 煮汁の濁りもこれくらいまでならセーフでしょう。

 
 

IMG_1677これはすこし煮詰めが薄すぎですね。 この時点では煮汁の味のバランスができかけてきた時期で、まだまだ鮎の内臓苦さが口に残るはずです。 もっと煮詰めて濃い味の一歩手前で止めるようにしましょう。
柔らかく煮えているのはOKです。
どうしてもオーブンやグリルで焼くと下面の皮が溶解してしまいます。それを防ぐには強めに余熱させておいて焼き始め、上側の皮がパリッとし始めたら一度裏返します。 急ぎ裏側の皮もパリッと焼いてからじっくり火を通してください。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. のコメント:
    中川さん こんばんは。早速のご指導ありがとうございました。

    いつも手が遅いので、手早く出来たとのお言葉嬉しいです。
    とても好評ですので、沢山頂きます。

    煮豆も、次回は煮汁にも気を付け炊いてみます。
    いろいろな加減が学びになりました。

    鮎の焼き方もご指導いただきありがとうございました。
    また鮎を入手して、いい風に焼き、そして煮詰めれるよう復習します。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です