梅紫蘇パスタの復習  Maさん(21-8)です

IMGP7269かなり茗荷が薄く繊細に刻めるようになりましたね。 あとは水に浮かした時に茗荷の天地があっちゃこっちゃにならないように揃えてキュッと絞り上げて雲龍にします。
ヒントはブログのヘッダの画像、南京のケンをひねっているところです。
ひねりながらゆったりS字に伸び上がるように盛ればできます。
お手本を見ながら練習しましょう。
ソースは天から裾に向けて流れていく途中のような景色に盛ります。
カレースプーンでたっぷりすくってかけるのがやりやすいでしょう。
前にたまってしまうのはとろみがゆるいかもしれませんね。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. ふみよ丸 のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    これは・・、天の川に雲龍、野・山 ・・・。
    一つの美しい景色なんですね。
    うわぁ!感動です!!

    器に自然界の景色を描く。
    そんな感性を養えるよう、精進します。

    イタリアンを頂いた後の苦しさとかが全くなくて、玄米ご飯やお味噌汁を頂いた時のような、ほっこりとするパスタ3種。
    そして今日、日本古来の自然界の風景が込められていることを知って、じぃーんとしています。

    とても食卓が豊かになりました。
    教えて頂いて、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です