中川式玄米の炊き方指導2066 Shさん(89-1)です

imageどうされているのかと心配していました。
明日の2ヶ月の期限ギリギリですが投稿できて良かったですね。
華麗にパス品質でパスをとれればよかったのですが残念ながらまだパス品質には至っておりません。
あなたが愛クラスを受講されてからはや2ヶ月が経っていますね。 季節も移り変わっているのですがそれにアジャストができていません。 これは投稿を続けてこなかったからわからないのも無理はありません。
浸水時間一つをとっても水温室温米の含水度を踏まえて変わっていくのが美味しく食べ続ける秘訣なのです。 かわりなく普遍の美味しさを保つために必要であれば日々ダイナミックに変更する。これが生きた炊飯です。
鍋の調子が悪いのかどうかももっと早くに相談するなりメーカーに検査にだすなりしてくだされば十分期限までに異常が否かが判ったはずです。
今から言ってもしかたがないのでその鍋で最後までベストを尽くしてみましょう。可能性はゼロではありません。
蒸らしの時間が短すぎるのがふっくら炊けない原因です。 その蒸らしの圧が保てない原因は何かというと火力不足かキャップの装着不備、横のOリングからの蒸気漏れなどが考えられます。 鍋のメンテを丁寧にピカピカに磨き上げて感謝しながら炊いてください。
不満や不安は米や水を萎縮させます。 ニコニコ炊飯を。
48点


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. しおみ れいな のコメント:
    コメントありがとうございます
    季節の移り変わり、たしかに
    水温とかこんな変わるんだなと思っていました。
    たしかにパスは取れればうれしいし
    そこに向かってこそ真剣になれるというのはありますが
    そもそも中川式玄米を伝授いただいたことに大きな喜びがあるので
    焦りを忘れて朗らかに炊いてみようと思います。

    奥深いなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です