パスタ2種の復習 Maさん(21-8)です

IMGP7183瑞々しくできていますね。 のどごしを考えて作れています。
茗荷はもっと頑張って薄く刻みましょう。 薄くシルキーに刻めると小原木では無く、雲龍のように盛り付けられます。


IMGP7195キャベツで麺が良く見えませんが、色合いから正しくできていると思われます。
食べ終わっても皿底にほとんど汁が残らないように、乳化のチェックをしておきましょう。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. ふみよ丸 のコメント:
    中川さん、こんばんは。
    早くにアップ頂いていたのに、コメントが遅くなって申し訳ありません。

    ご指導、ありがとうございます。

    お講座の時、中川さんの茗荷の曲線美に感嘆しました。
    あーー!あれは雲龍を表現されていたんですね。
    雲龍図の空高く昇っていく龍が眼に浮かびます。
    なんて、素敵なんでしょう♪
    材木を脱出し、龍が昇っていけるように、練習します。

    コメントを拝読し、じゃこキャベツのパスタは、乳化が甘かったことがわかりました。
    もう一度作り直します。

    教えていただいたとおりの美味しいパスタが食べてもらえるよう、引き続き練習します。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です