活け鱧がやってきた!  たくやさんありがとうございます!

朝の5時45分に到着! たくやさんが一番競りの鱧を大急ぎで自ら運んでくださいました
IMG_2050 はじめましてのご挨拶と男の握手をして受け取ったトロ箱の中身は!?
セロファン・新聞・氷袋 プロの仕事です 毎朝中央市場に通っていた頃を思い出します
IMG_2051 氷を外せば中から 出ましたー今日の教材 はもだらけ!
IMG_2052 こんなにたくさんの鱧を5人でさばきます みんな大丈夫かいな?(笑)
IMG_2053さぁあとは5人の むこうみず 勇気ある者たちを待つばかりです。
京都でお待ちしております!


カテゴリー: 技術 technique, 京都, 料理 パーマリンク

コメント

  1. おはる のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    朝一番に眩しい鱧です。
    ありがとうございます。

    皆さんのお気持ちに、身が引き締まります。

    今日もよろしくお願いいたします。
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 よく頑張りましたね。 一生ものの技術を授けました。 あとは自分で磨いて下さい。 包丁が減って無くなるまで練習しましょう。
  2. のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    立派な鱧がこんなにたくさん!

    むこうみず、がんばります!
  3. 夏目 のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    お魚屋さんのお心遣いと沢山の鱧!

    むこうみず!美味しく頂けるように
    学ばせていただきます。
    ご指導よろしくお願い致します。
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 しっかり練習できましたね。 魚をさばくセンスがあります。 一生ものの技術を錆びさせないように毎年練習しましょう。
  4. 子象 のコメント:
    中川さん

    おはようございます。

    こんなにたくさんの鱧を目にするのは初めてです。

    勇気を出した片足(大汗)がどうなろうと、とにかくやってみます!

    よろしくお願いいたします。
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 ドキドキでしたがマスターできました。 暑い夏の特訓はあなたを一段高めましたね。 次の夏も燃えよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です