桂剥き投稿2015 Saさん(84-2)です

YouTube Preview Image
すこしペンが安定してきましたね。 まだまだ肩と肘が力んでいるのでもっと腕の下の筋肉で動かしましょう。上の筋肉を使うと力んで重心が上がります。

YouTube Preview Image
今までで一番残酷な音がしない砥ぎですが、泥が出ないんですね。ということはかすかに触れている包丁の一部に刃先が含まれていないということです。


YouTube Preview Image
面圧は理解できているようです。あとは送りですが、本当にこの手首と指の複合送りを大根でできるのか?ということですね課題は。
YouTube Preview Image
なかなか厚みが一定しませんね。これは面圧がかけられていないからです。右手の指のおまたが緩いのが原因ですね。


YouTube Preview Image
2より3のほうがずっと良いですね。左に行こうとする本能がずっと小さいです。
もっともっと薄く剥きましょう。 薄く剥くと一定の厚さに剥かないとブツブツ切れるのを思い知りますから覚悟ができます。精度を揚げましょう。 ラップのように薄く。
一定に剥けるようになれぴら〜んも夢じゃないです。

刻み
YouTube Preview Image
良くなりましたね。不自然な肘の張りやZ腕やジョジョ立ちもなくなりました。 素晴らしい。

YouTube Preview Image
手首が柔らかくなってきました。首の鈎折れも無くなって頚椎も安心。


YouTube Preview Image
すばらしい! 刻み美人3人目に認定しましょう。
よくジョジョ立ちからここまで直しました。 偉いです。


IMG_2519 IMG_2520 IMG_2521 IMG_2518IMG_2538IMG_2535 IMG_2537IMG_2543 IMG_2538 IMG_2541IMG_2544


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. asa のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    刻みできるようになって良かったです。
    もっともっと練習します。
    ご指導ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です