桂剥き投稿2015 Taさん(37-5)です

YouTube Preview Image
赤ペンがユレユレになるのは上半身(肩・肩甲骨・首)に力みが在るからです。
下腹と内ももに力を下ろして上半身を脱力できたら揺れなくなります。


YouTube Preview Image
残酷な音がでていますね。角度が揺れないのは良いのですが、それが押さえ込みによってできる安定であるなら間違いです。浮かせてもかすかに触れていても刃の安定が保てるように。
1月経った今言うのもなんですが123の向きが逆です。アジャストネジは奥に。

YouTube Preview Image
完璧ですね もうAir桂剥きをする必要はありません 大根に集中してください


YouTube Preview Image
面圧がわかりましたね。面圧を当てながら器用にまだ左に剥き進もうとします。そういう時に刃が詰まる感じがしてひっかかります。愚直に上下させれば絶対に刃がつっかかったりしません。 もっと薄く均一に剥けます。 次回はぴら〜〜ん画像も投稿してください。


YouTube Preview Image
刃を落とせるように高さを探しましたね。正解です。もう2センチ刃元で刻んで見ましょう。 前がつながるスダレが解消されます。 すだれの原因は握り過ぎの手首の硬さです。
次回からヨコケンを投稿してください。 水に放った画像とウール玉にとった画像も添付すること。

刻み 桂剥き 断面 包丁③ 包丁①まだまだ力みがあり、砥石に押し付けていますが丸刃も二枚刃もなく素直に砥げています
包丁④ 包丁②


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ひかる のコメント:
    中川さん
    おはようございます。

    いつも丁寧なご指導をいただき、ありがとうございます。
    砥ぎも桂剥きの右手も、(浮かせている・上下させている)つもりで停まっているので進歩を目指します。
    ぴらーんも挑戦させていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です