桂剥き投稿2015 Isさん(84-3)です

YouTube Preview Image
こちらのほうが上手ですね。右手の動き、合谷の使い方はあなたが一番上手かもしれません。 しっかり砥いでピンピンの刃で剥きましょう。 もっと楽になります。

YouTube Preview Image
切れが悪いですねぇ。しっかり砥ぎましょう。 まずは砥ぎです。するする剥ける、さくさく刻める。刃に仕事をさせるのです。

YouTube Preview Image
あなたもひかるちゃんとおなじです。 原因不明の下痢や腹痛は起こしていませんか?ご主人様もです。 このまな板は食べ物を載せる状態ではありません。 きっとあなたはお櫃や曲げわっぱを使うと黒くカビさせてしまうタイプの人でしょう。 すぐにまな板を買い替えましょう。 どうしてもカビさせてしまうならプラスティック製でもかまいません。

IMG_1523IMG_1532 IMG_1534IMG_1544 IMG_1550


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ミホ のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。まな板の件ですが、私は大丈夫ですが主人はお腹が弱い方です。今まで体質だと思ってましたが、もしまな板のせいだとしたら大変なので、変更したいと思います。
    包丁は刃先がボロボロで大変な事になっています。しっかりと研ぎます。もっと練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です