桂剥き投稿2015 Saさん(84-2)です

YouTube Preview Image
Air桂剥きの時から缶と視線が垂直になっていないのではないでしょうか? 横から自撮りして確認しましょう。 それがパイロンの原因の1つです。 缶だからパイロンにならないだけですね。


YouTube Preview Image
1は右手で左に剥きすすもうとする力が強いので病室で切れないナイフでりんごを剥くような動きになっています。

YouTube Preview Image
4がいちばん上手です。頑張って包丁を「あげよう」としています。力んで両脇がしまって大根の下の方を左手で持って握るから逆パイロンになります。 視線より大根が向こうに倒れていますね。 典型的なパイロン剥きです。

YouTube Preview Image
どんどん刃(包丁)が天井を向いていきますね。正しい包丁のあてがい方は何度も画像でも動画でも見せています。かつらむき のコピー刃が天井向いていないでしょう?


刻み
YouTube Preview Image
まだすべてジョジョ立ちになっています。
あなたの背骨と肩のラインと腰のラインを図式しました。
グレイのラインが今のあなたの骨です。
ピンクのラインが正しい「身体の前で仕事をする時の人間の骨格角度です」
打球が飛んでくるのを待ち構えている内野手をイメージしてください。
MySketch

YouTube Preview Image


YouTube Preview Image

IMG_1524
IMG_1527
IMG_1528
IMG_1557
IMG_1559
IMG_1560
IMG_1562
刻み㈭
刻み断面㈭


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. asa のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    詳しくご説明していただいてありがとうございます。気をつけます。姿勢も日頃から意識します。
    御指導ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です