中川式玄米の炊き方指導1929 Waさん(88-9)です

IMGP0107うわぁ、これは焦げすぎです。
そりゃぁ吹きこぼれるでしょう。という感じですね。
米をたく前に何度も何度も水実験をしていたはずです。 水だけと、米+水では少し違いますがおおよそのピンが下がらずにシューシュー言わない火加減はつかめるはずです。
覚えておいてください。 「焦げは茶色い範囲で収めること」
吹きこぼれた鍋蓋は良く蒸気洗浄をしてつまりを除いておいてください。
45点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Wa のコメント:
    ご指導ありがとうございます。
    もう笑ってしまうほど、焦げ焦げでした。
    でももちろん笑い事ではなくて、お米とお鍋にかわいそうなことをしてしまったという気持ちでいっぱいです。
    蒸気洗浄を行い、水実験からもう一度やり直してきます!
    また引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です