お造りの復習  Shさん(73-6)です

image2大葉の添え方が良いです。素晴らしい。
せっかくセンスよく置けた大葉に肝心の鯵が「おっちん」していません。
そこが実に惜しいです。
なぜケンをウール玉にして土台にしているのか?
それはその上にお造り身を「載せて」食べてくださる方に魅せるためです。
それがへぎ造りも平作りもできていませんね皿の高さに盛られています。
次回はここを手本から見抜いて盛り付けてください。難しいかな?


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. あさちゃん のコメント:
    ご指導くださり、ありがとうございました 
    お手本をよ~く見てきました。
    なるほど、けんと大葉の上に「載せて」います!
    主役のお造りを魅せるためですね。
    改めて見たお手本は、素晴らしく美しいです。
    違いがよく分かりました。
    分かることとできることは違うのですが、やってみます!
    あ、紅蓼が品切れです_| ̄|○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です