中川式玄米の炊き方指導1892 Naさん(87-1)です

IMG_5891蒸らしの時間がなんとかピピカシャンに近づいてきましたね。
今回ははじめちょろちょろなかぱっぱよろしく炊飯途中で火加減を意識的に上げ下げしておられました。 これは愛クラスのときにしないようにしましょうとお伝えしました。
火が消えてしまったり、吹きこぼれそうな気配がしてエマージェンシー的に火加減を絞ったりはしますが、基本は弱火にしてから火加減は一定です。
その一定の火加減で理想の焦げいろ、理想の蒸らし時間を探すのです。
再現性の低い微調整を強いられる方法はブレを生じますからしないよにしましょう。
しっかりデモを思い出してくださいね。
49点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です