筍木の芽和えの復習   Naさん(2-1)です

IMG_8981上手に出来ています。
少し木の芽味噌が硬かったのは多分にあなたの性格が現れています。
例のアレを絞る時。事前に「よく絞った方がいいんだ」回路が働きます。
味噌を練るときも木の芽味噌は陰性だから硬い目に練らないとベチャるんだ」回路が自動で働きます。
そういうのがわずかづつに重なりあい、私のデモよりも硬くなるのです。
そしてあなたは作ってみて「あれれ?習った通りに作ったのに硬いなぁ」となるのです。
掻敷の竹の皮はもうすこし局面に切ったほうが色気が出ます。
少し横に長いギターピックのようにです。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. 麗可 のコメント:
    中川さん、こんばんは。

    全ておっしゃる通りです。
    次回は色々と控えめにします。
    竹の皮切るのも練習します。

    ご指導、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です