中川式玄米の炊き方指導1777  Kiさん(85-2)です

玄米1-12初投稿ですね がんばりましょう。
すこし火が強すぎましたね。
この色の濃い焦げができるのはそうとう火が強かったという事です。
火が強すぎて、湯気では無く蒸気が多く噴出してしまい、米に使うべき水と圧が弁から捨ててしまったのです。
こげ色はこげ茶色まで。茶色の域を出ない範囲で付けてください。
火加減の定義をもう一度書いておきます。
「これ以上少しでも強めたら弁から蒸気が引き出してしまうギリギリ手前の強火」の事です。 シューシュー言わない弱火を探すと迷路に入りますので注意です。
火加減が正しくなると蒸らし時間も延びるでしょう。
47点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です