たこ飯 陰陽の唸る炊き方は講座で伝授します

たこ飯の炊き方先日は玄米でたこ飯を炊いたが、今回は精米した白米で炊いてみた。
炊飯時間も短いので蛸が硬くなり過ぎないようにひと工夫してある。
ジャーに移す時に天地返しをしながら新生姜の薄へぎをたっぷり切り込んでおく。
炊きたてもよし、一晩寝かすもよし。


カテゴリー: 飯物 パーマリンク

コメント

  1. 夏目 より:

    中川さん、おはようございます。
    早速、昨夜炊いてみました。
    とっても、とっても美味しかったです!
    今まで炊いていた「たこ飯」は偽物で、
    昨夜炊いたものは「ほんまもん」でした!
    陰陽のバランスが調うという事の大切さを
    改めて実感しました。
    ありがとうございますm(__)m

    • nakagawa より:

      夏目さん こんにちは
      コメントありがとうございます。
      美味しかったでしょう?
      バランスバランス♫
      生姜大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です