玄米炊飯投稿 1102

Toさん(73-7)です。
8月7日玄米投稿 保温後
すこし氣が離れていたようですね。 なにか他に気になることがあったのでしょう。
主食と対峙する。という自覚を持っていますか?
パスを取るために頑張っていませんか? 違うのですよ。
あなたとあなたのお母様の身体に染みるご飯を炊くのです。
そのために京都に来たのでしょう? よそ見するからには、その目的よりも大事なことがあったのでしょうね? 自分に問うてみてください。
あなたは熟考して、正解を引き寄せるのかと思うと、そうじゃ無い部分もあります。
正しい主食を食べて芯のある思考ができるようになってくださることを祈っています。
まだもう少し飯肌が荒れています。
火加減もほんのすこしだけ強いです。 これを調整してください。
49点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. to(73-7) のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。
    今日の炊飯は自分自身の芯の弱さがはっきりとわかった結果となりました。
    自分自身がしっかりしていないのに母が食べる氣の入ったご飯が炊けるわけなどありません。
    投稿する前からこれはダメだと思いました。
    なかったことにしようかと思った炊飯でしたが隠さず送って良かったと思っています。
    ここでご指導いただいたこときちんと自分のものにします。
    母の体にあった玄米ご飯を炊く!目的は変わっていません。
    言いっぱなしにならぬよう、心を込めて炊飯します。
    ありがとうございました。
    また投稿いたしますのでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です