桂剥き投稿2013-83 Arさん

Arさん(28-4)です。
DSC00749 DSC00750 IMG_6011動画も拝見しました。
親指のセンサーを長く使うことと包丁の上げ下げを大きくすることは比例しません。
少し勘違いをされているようです。
刃が上に5ミリ上がっている間に大根は左の親指で10ミリ引けるのではないですか?
上に5ミリなら横にも5ミリでないといけない。なんて頭硬くおもっているのでしょう?
一番最初の「切る」授業でお話しましたね。刃は、ほんの僅かでも前後に動かせば切れるのです。 ギロチンはダメ、職員室の押し切りもダメ。 思い出しましたか?
これで「はっ!」としなければもう少し剥く練習をしましょう。
頭でわからないときは身体でわかるまで練習をします。
引くことを意識すると面圧がお留守になっています。 そして剥くことに集中すると刻むことがお留守になっています。 トータルバランスの底上げを。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. Ar(28-4R) のコメント:
    中川さん、こんばんは。
    早速見てくださりありがとうございます。

    あ、、、あ、、、大きな大きな勘違いを!
    そして、トータルバランスも申し訳ありません。
    理解の深さを深められるように、身体もしっかり
    動かします。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です