20130413-150521.jpg
どこまで美味しさを見られるのか。
心の眼と玻璃の眼。


カテゴリー: 拘り タグ: , , , パーマリンク

コメント

  1. じゅん子 より:

    中川さん、こんにちは。

    今日もたくさんの美味しいを見られたんでしょうね♪
    昨日はとっても色鮮やかに生き生きと撮っていただいて、みんなが心を込めて作ったお弁当が喜んでいるようでした。

    • nakagawa より:

      じゅん子さん こんばんは
      コメントありがとうございました。
      私が大好きなレンズの中の一本なのです。
      ずっと前からこのレンズで卒業作品を撮ろうと決めていました。レンズも喜んでいるよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です