玄米炊飯投稿  820

Okさん(66-2)です。
image
一粒ずつの結着感がいままで出にくかったのですが、この2回はご飯がいい意味でひっついていますね。 これは皮感が減ってきた証拠でもあります。
本来ならこの水の量で炊くとおはぎの中身のような「半殺し」状に似た柔らかさ、べちゃつきになるのですが、あなたの作品はなっていませんね。
これは圧力鍋の安全弁から火が強かった分の圧縮水蒸気が逃がされて、入れた水が減ったからです。
そしてシューシューと蒸気がどんどん出て行くと、必要な圧まで抜けてしまいます。
それが蒸らし時間の不足を呼ぶのです。
次回はもう少しだけ焦げ色を抑えて下さい。 自動的に蒸らしの圧は保たれます。
48点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. mikayan より:

    中川さん

    こんばんは。
    ご指導ありがとうございます。
    粒の結着感が出ているのは嬉しいです。
    昔の写真はそれぞれ独立した粒でした。
    気持ち火加減を抑えて焦げを抑える様、努めてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です