11月16日の玄米投稿

塾生さんの中川式玄米炊飯投稿は


先ずはIzさん(42-3)からです。

これだけ緩いのに粒感がありますね。
しっかりオーバフローが出来ているでしょうか?
オーバフローの時に圧はピークを迎えます。
そこが弱いと生煮え感や粒感が残る事が多いです。
そこをチェックしてみて下さい。
焦げは弱火にしてからの火加減で決まります。
あとはやさしいながらもしっかりした陽が必要
です。
次はOoさん(37-7)です。

前回に比べて後退してしまったとはっきり判別できる
目があると言う事です。 進化していますね。
何時に炊いても何時に投稿してもかまいません。
逞しくて優しい陽を持って下さい。
そろそろもう一段上がりませんか?
頑張りましょう。
終わります。
今日は玄米の事もマクロの事も忘れて子どものように
機械いじりをしていました。
バイクや車のように重くて強いトルクのかかる部品の
締めや緩めはありませんが、細かい部品の締め付けや
もろいはめ込み爪を折らないように最新の注意を払っ
ての作業は指先と神経と視力の集中が必要で、けっこ
う陽性が必要だとつい陰陽を慮っていました。
私の生き道には当たり前のように陰陽がおわす。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Iz(42-3) のコメント:
    中川さん、むそう塾生のみなさん、おはようございます。
    中川さん、毎日ご指導ありがとうございます。

    中川さんのご指摘どおり、オーバーフローが足りなかったようです。
    今朝はしっかりオーバーフローさせて炊きました。

    「やさしいながらもしっかりした陽」をもった人になりたいっ!
    がんばります☆
    投稿中のみなさん、一緒にがんばりましょ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です