9月10日の玄米投稿

塾生さんの中川式玄米炊飯投稿は


先ずはAiさん(40-6)からです。

ふっくら炊けていますが、もうすこし陽が欲しいですね。
微妙に秋が近づいています。 炊飯時の気温が下がって
いることにより蒸らしの圧が24分保ち難くなることが
起こってきます。 24分の炊飯中にしっかり熱も圧も
加えておいて厳密に米袋で保温するようにして下さい。
焦げ色がもう少し付いて圧が丁度24分で終わるか、
僅かに「ぷしゅ」といって終わるくらいの保温をして下
さい。
次はKiさん(40-7)です。

なぜあなたの投稿メールは最初から毎回「Re.」なのでしょう?
40ccの差を感じていただけたでしょうか。
昨日よりも粒が立っていますね。これの方が良いでしょう。
飯肌も荒れていないのでOKです。 
立派なパス品質になりました。 米が良いので最初の強火が
強すぎてもなんとか助けてくれますね。欲を言えばもう少し
弱めてもらった方がこの米の美味さを引き出せるでしょう。
終わります。
今日からBクラスが始まりました。
ばたばたする事無く、余計なおしゃべりも少なく、集中して
下さっていたのが解りました。ありがとうございます。
メモやノートに目を奪われる事無く、私の手元や言に耳目を
傾けてくださると実にスムーズに実習が進みます。
私はあえてじっくりお話させてもらっているのですが、さっさ
と進みます。 常に全クラスこうあってほしいものです。
私も勉強になりました。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Ki(40-7) のコメント:
    中川さん
    おはようございます。いつもありがとうございます。
    「Re.」というのは、返信の意味だったのですね。
    勘違いしておりました。申し訳ございません。
    粒が立っている。ちッとも気がつきませんでした。
    もう少し弱めるのは、最初の強火の事でしょうか?
    後の弱火も弱めた方がよろしいのでしょうか?
  2. zenemon のコメント:
    Ki(40-7) さん こんにちは
    文をよく読めばわかります。

  3. Ki(40-7) のコメント:
    中川さん
    最初の強火の事ですね。
    お米さんにいつも助けてもらってるばかりでなくて、
    お友達になれるように、頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です