9月7日の玄米投稿

塾生さんの中川式玄米炊飯投稿は


先ずはSuさん(40-3)です。

画像が見やすくなりましたね。判別しやすいです。
オーバーフローを確実に。
そして弱火に絞るのですが、絞り過ぎですね。
水加減した水を全て米に鋳込むイメージを強く持ち
ましょう。
薄焦げは必須です。そうすれば圧も保ちます。
蓋の裏の水も減り。飯がふっくらします。
次はKiさん(40-7)です。

少しましになりましたね。 このままでもう少し
火加減だけを強くしてください。
焦げの色をもう少しだけ狐色に近付けてください。
焦げの上の白い部分の玄米が驚くべき変化をします。
ふっくらしてツヤツヤして味が丸く食べ飽きない飯。
これがとりあえずの到達点ですね。
次はKaさん(40-4)です。

うーーん、今日の炊きあがりは残念ながらパス品質では
ありません 惜しいです。
おそらく続けて同じように炊かなくちゃと意識し過ぎた
のでしょう。 それではダメですね。
前回と何がちがうのか?を考えましょう。
私はブラックボックスに原因があると見ます。
よーく講義のときの「口伝」を思い出して炊飯して
下さい。 パスまでがんばれ!
終わります。
今夜は幸せコース1期生との約束であった、料理教室の
募集をしました。
どんな顔が集まって下さるのか楽しみです。
いつまでもむそう塾生で居られるような環境と企画を
整え続けるのが私の使命だと思っています。
まだまだ口伝したいことがいっぱいあります。
私の中から溢れ出て来ます。
少しでも多くを口伝して死ぬつもりです。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. マクロ美風 のコメント:
    泣けるじゃないの。
  2. haijikg7 のコメント:
    約束を覚えてくださっていてありがとうございます。
    聞き逃さないように吸収したいと思います。
  3. しろうさ のコメント:
    おはようございます。
    たとえいわゆる「マクロビオティック」をやっているとは言わなくなり、思わなくなる日が来たとしても、むそう塾生であることは生涯の宝であり、誇りです。塾生の何に恥じぬように精進します。
    ありがとうございます。
  4. se(27-3) のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    お言葉にグッときました。

    熱い思いを受け止め、ご縁があり口伝いただけることに感謝し、精進します。

  5. ふみよ丸 のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    死ぬとか言わないでくださいよぉ~、泣けてきますよ。。。
    『でも・・・、すべてのものは変化するんだよね』 という考えが
    フッと浮かんできました。

    最近、足りないと思っていたものが、全部ここにあるじゃないって
    気づく出来事がありました。
    今の状態で全部できる (満たされている) のに、
    やっていない (気づいていない) だけでした。

    中川さんのお言葉に、今を大切にしようと 更に強く思いました。
    ありがとうございます。
  6. zenemon のコメント:
    美風さん こんにちは

    私も女性を泣かせるようになれば 男として一人前でしょうか?(笑)
  7. zenemon のコメント:
    はいじさん こんにちは
    覚えていますとも!
    あなたこそ 「万難を排して」参加申し込みくださってありがとうございました。
    「これが出し巻きやで!」というのを口伝しましょう!
    あ、口伝といってもクチウツシじゃ無いのでご安心ください。(笑)
  8. zenemon のコメント:
    しろうささん こんにちは
    まさに 私が目指している事を言い表して下さいました。
    ありがとうございます。
    あなたの思いを裏切らぬよう、生きて参ります。
  9. zenemon のコメント:
    se(27-3)さん こんにちは
    これからも一緒に学んで行きましょう。
    私は指導させて貰いながら自分も学ばせてもらっています。
    感謝の一語です。
  10. zenemon のコメント:
    ふみよ丸さん こんにちは
    人間はいつか死にますから死を怖れてはいけません。
    反省はしても後悔はしない。
    この生き方をしていればよいのです。

    でも楽な方と辛い方があれば私は辛い方を選びます。
    あなたはどうですか? 
  11. koto215 のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    死は怖れていませんが、残されるのはイヤです。
    でも後悔はしないように…とは、かなり前から心がけては
    います。特に人との関係で。

    この”楽”と”辛”の捉え方もいろいろあって難しいのですが…
    でも人間、辛い想いをするのはなるべく少ない方がいい、と
    思うのです。
    辛い時間より、楽しいと思える瞬間が多いほうが幸せ。

    中川さんも、辛い方を選んだとしても、その先に”楽”や”幸”が
    少しでも見えるから、敢えて辛い方を選ぶのではないですか?
    どうでしょう…?
  12. zenemon のコメント:
    koto215さん こんにちは

    いろいろあって難しいですか? 実に単純な事なのですが。
    今まで楽な方を取って幸せになった事が一回も無かった。
    半世紀も生きてやっと判った真実です。 間違い無し。

    ひょっとして辛い=幸せじゃ無いと思っているのかな?
    それはあまりに浅すぎる。
  13. ふみよ丸 のコメント:
    中川さん、こんばんは。

    『 もっと高くへ ♪』
    わたしも辛い方を選んでみます。
  14. koto215 のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    辛いことを乗り越えたときの方が、大きな幸せが待っている…
    ということなのかな…?

    と解釈しました。
    今までそれが「必ず」と思えなかったので。

    まだまだ浅いです…
    これからです!
    辛い方を選んで確かめてみますね。

  15. zenemon のコメント:
    koto215さん こんにちは

    そう! 自分で確かめてみるしか無いんです。
    私が言うている事など、じじいの戯言かもしれません。
    ひょっとするとマコトかもしれません。
    あなた自身で確かめてみるしかないでしょうね。
  16. koto215 のコメント:
    中川さん、「じじい」だなんておっしゃらず~(笑)
    私も「ばばあ」が近いような気がして焦ります…

    はい、自分で確かめてみます。
    日々勉強ですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です