開店前の静寂


破鬼浄められた店内から外を望む。


カテゴリー: KMS なかがわ パーマリンク

コメント

  1. てるこ のコメント:
    中川さん、こんにちは。
    久しくお伺いしておりません。
    福ZEN食べたいな・・・。
    そしてここの椅子にすわって、背筋をスッキリ・シャッキリとしたいです!

    掃き清めるとは、こう書くのですね。知りませんでした。
    掃くってすごいんですね!
  2. zenemon のコメント:
    てるこさん こんにちは。

    そうですね。
    掃除機やクルクルでは感じ得ないものでしょうね。
    掃くは破苦に繋がるんです。
    とにかくやな事をぶち破るには掃除だという事です。
  3. carpet のコメント:
    中川さん、こんにちは。

    ぶち破りたいことがあるので、帰宅したら掃除しようと思います。
    今、このタイミングでこの記事とコメントに出会えてよかったです。
    ありがとうございます。

  4. てるこ のコメント:
    了解致しました!!!!

    今後は掃除で思い切りぶち破ります(笑)。
    ぶち破るって言葉もなんだか快感~♪

    ありがとうございます♪
  5. ot(25-3) のコメント:
    中川さん、こんにちは。
    愛クラスに参加した日の朝を思い出しました。
    ふうさんがドアを開けて中に招き入れてくださって、
    ドキドキしながら一歩足を踏み入れた瞬間の空気感が蘇りました。
    あの時と同じだなぁ、懐かしいなぁ、と眺めながらお茶を一服。
    私の心にも静寂が訪れました。ありがとうございます。
  6. きさらぎ のコメント:
    中川さん、こんにちは。

    「破鬼浄める」
    目が覚めるような言葉でした。

    こころがシャキッとしますね。
    私も、帰ったら掃除します。^^


  7. natume-kokoro のコメント:
    中川さん こんにちは。何とも凛とした氣が伝わってきます。拭き掃除 心しました。
  8. zenemon のコメント:
    carpetさん こんにちは
    なにか閉塞感を感じますね。
    ぶち破ってください。
    ぶち破って向こう側に出たら、案外たいしたことが無かったりするもんです。  いっちゃえー!

  9. zenemon のコメント:
    ot(25-3) さん こんにちは
    何時でもこの空間はあのときのままです。
    何時でも帰って来て下さい。
    身体は京都までなかなか来難くても、氣は巡らせる事は可能です。
    何時でもどこまでも。

  10. zenemon のコメント:
    きさらぎさん こんにちは
    ハキキヨメルのです。あなたの胸の中も。全てね。
  11. zenemon のコメント:
    夏目さん こんにちは


    ささ、掃除掃除。
  12. うめもも のコメント:
    >掃くは破苦に繋がるんです。
    >とにかくやな事をぶち破るには掃除だという事です。

    疲れきっていると、起きられなくて、その掃除すら出来なくなりますね。
    たまごが先かニワトリが先か状態です。

    またあの席に座りたいなぁ・・・

  13. fumiyomal のコメント:
    中川さん、こんばんは。
    今日は、この破鬼浄められた空間で、福zenをいただけて、
    幸せでした。
    「ほほ~」と思う興味深いお話しの中にも、
    中川さんの面白さが炸裂~~~!!
    お腹を抱えて、ケラケラ、ヒーヒー笑いました。
    なんでそんな面白いことを言ったりしたりできるんですか~(笑)

    お持ち帰りの福zenも、両親と美味しくいただきました。
    母が中川さんの玄米ごはんを一目みるなり、
    「あんたが炊くのより、白いな~、柔らかそ~♪」と言うので、
    「私のより水も少ないし、浸水時間も短いねん」と言ったら、
    「へ~」っと目を丸くしていました。

    こんなふうに炊く秘訣は、○○パワーなんですね(笑)
    はやく中川さんくらいの年になりたいな、と思いました。
    新しい玄米ごはんの世界が待っていそうです(笑)

  14. zenemon のコメント:
    うめももさん こんにちは
    しっかり玄米を食べていれば 疲れきるなんてことは起こらないはずなんですけどねぇ。
    忙しすぎるのはかならず原因があります。
    普通、疲れて飯も食えなくなるほどの労役はさせてはいけないことになっていますからね。  心配です。
  15. zenemon のコメント:
    ふみよちゃん こんにちは
    ご来店ありがとうございました。
    そんなに面白いことは言うてないでしょー?
    あなたがゲラなんですよ きっと(笑)

    ただ単に52歳になれば良いというものではありませんよ。
    かわいい赤ちゃんを産んでください。良い経験、修業になります。

  16. うめもも のコメント:
    なかがわさん、こんにちは。
    ご心配おかけして申し訳ありません。

    職場は日々大変な状況ですが、玄米はおいしくやわらかく炊けていますし、それをおいしいと思えるので、まだまだ大丈夫でしょう。

    玄米ごはん、かつおだしの味噌汁、きんぴら、ぬか漬があれば、なんとかなると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です