丹波大納言と玄米餅


湯気を捕まえた
庄内産の玄米餅を中火の遠火で焼き、ふっくら小豆の京都流ぜんざいをどうぞ。
おばあちゃんも娘も大満足。


カテゴリー: 甘い物 パーマリンク

コメント

  1. komako のコメント:
    koamakoです。
    玄米餅と小豆のぜんざい!

    うわぁ~。
    冬が来たなぁ~。

    心も体も温まりそう~。

  2. macrobi papa のコメント:
    もち玄米炊いて、すり鉢でぺったんぺたんと玄米もちを作っています。ぜんざい、素敵ですね。
    今年の正月はこれにします。

    最近また、写真が素晴らしいです。
    カボチャの色の美しいこと。
    ホントはすごいカメラを使ってらっしゃるのでは?
  3. zenemon のコメント:
    komakoさん こんばんは。
    温かかったですよー。 ほかほかです。
    甘いものは心をほんわかゆるめてくれます。
    寒くてきゅーっと縮んだ心も身体もゆるめてくれるんです。
  4. zenemon のコメント:
    パパさん こんばんは。
    お餅も自作されるんですね。 いいなぁ。
    画像は、実は内緒で一眼レフを・・・買ってません(笑)
    なかなかお高くて買えないのです。 
    写真も、美味しく出来たときは美味しそうに撮れます。
    急いだり、心の底では最高!と思えてなければ写りもたいしたことなくてボツになります。 たくさんのボツたちがSDの中に眠っていたりもするのです。
  5. RBCの後輩・・・・・Y のコメント:
    お早うございます。
    昨日、このおぜんざいの素晴らしい映像を見せていただきました。大納言小豆のふっくら感、玄米餅の優しい素朴な色合い。
    美味しそうな湯気がとても綺麗にほのぼのと立ち上がっています。
    亡き父は大のおぜんざい好きでした。この善右衛門さんのおぜんざいを見ていましたら父の顔が懐かしく浮かんできました。
    「美味しそうなぜんざいやなあ・・・・」幸せそうな父の顔でした。
    思わず私も、「お父さん、一緒にいただきましょ!!」と話しかけました。
    よく父のためにおぜんざいを作っていた母に今度は私がつくってあげましょう。
    自分で作ったものに「最高!!」と言える幸せ。映像は嘘をつきませんね。いい香りが・・・・!!
  6. zenemon のコメント:
    RBCの後輩・・・・・Yさん こんにちは。
    京都のぜんざいはやっぱりこれですね。 しゃばしゃばのおつゆ多い目。
    これでなければなりません。
    もっともっと美味しい小豆がほしいです。まだまだ美味いものがあるはずなんです。 探し続けます。
  7. aki のコメント:
    京都では「しゃばしゃば」(擬態語)って表現するんですね!
    名古屋では「しゃびしゃび」って言います。
    「何これ!しゃびしゃびだがん!(怒)」って(笑)
    方言って面白いです。
  8. zenemon のコメント:
    akiさん 水っぽい状態をしゃばしゃばと言いますね。
    しゃびしゃび、覚えておきます。 どこかで使おう(笑)
  9. kitty3103 のコメント:
    zenemonさん こんにちは!
    京都は雪が降ったのですね。東京も今日は北風がびゅーびゅーいってます。
    あちゃぁ、また京都マニアのハートに火をつけちゃいましたね。
    そうなんですよね、京都のおぜんざいってしゃばしゃばなんですよね。
    豆の味がダイレクトに伝わる作り方ですよね。
    あつあつにアイスクリームの上にかけてもねぇ、これがまた。
    いつも、やじきたさんというお店でいただきます。
    自分でも作ってみたいです。
  10. zenemon のコメント:
    kitty3103さん こんばんは。
    やっぱり このおぜんざい見つけてしまいましたね?(笑)
    やじきたは甘党マニアには有名ですが、 今の私のお薦めは
    花遊小路の仙太郎二階で食べるぜんざいです。
    甘味料が違います。 美味いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です