長ひじきとヒヨコ豆の焚いたん


ファラフェルの材料でもあるヒヨコ豆。カンネリーニとならんで伊飯でおなじみ。大豆には無い舌触りが楽しい。 蓮根、蒟蒻、人参、高野豆腐を入れて。


カテゴリー: 煮物 パーマリンク

コメント

  1. tototo-naomity のコメント:
    おはようございます。ひじき&ヒヨコマメ~。ヒヨコマメが入ってしまうんですね~。斬新!ひじきも、ヒヨコマメも大好きだけれど、やったことなかったです。

  2. mangobanapako のコメント:
    ひよこ豆の代わりに大豆を入れたカレーを作るけど、ひじきに大豆の代わりにひよこ豆!うぅぅん斬新!
    えじぷしゃぁん♪
  3. sango00 のコメント:
    移民大国オーストラリアではヒヨコ豆を使ったお料理をよく食べますが、ひじきやれんこん、こんにゃく、にんじんとお料理するとは思いつきませでした。ファラフェルはもちろん、煮込み系やスープ、それからディップなどに使っています。
  4. coo のコメント:
    ひよこ豆とひじき、合いそうですね!
    高野豆腐も合うんですね。残り物があるから入れてみようっと。
    昨日ひじき大豆でした?。たくさん作ってまだ食べてます。
  5. zenemon のコメント:
    tototoさん おはようございます。 先日、ファラフェルボールを始めて食べて、「お、けっこう融通の効く豆なのね」と思い、買い求めておきました。 カレーまで放っておかれる運命だったはずなのですが使ってみました。 いけてるでしょ? 次回はレンズ豆をおばんざいに使ってみますね。
  6. zenemon のコメント:
    mangoちゃん、おはようございます。
    昔から伝わっている通りの食材のほうが安心して使えるのですが、いつも同じ料理ばっかりでつまんない。なんて思う方が居られたら悔しいからねー(笑) 少し遊んでみました。
  7. zenemon のコメント:
    sango00さん おはようございます。 私は欧州や北米よりオセアニアに強く魅力を感じます。 農薬や化合物の消費量が違うからです。  あとはフードマイレージを気にするのでなるべく近郊の食材を食べるようにしています。 京都議定書発行の地に住む者として微細でも参加意識を持っていきたいと思っています。 あとは2ストロークエンジンのバイクやディーゼルエンジンの車には乗らないと決めました。 お住まいの地の特産が一番ご馳走なんだと思います。

  8. zenemon のコメント:
    cooさん おはようございます。
    そうなんですよ。なかなか合いますね。 私が洋食材を使うといってもカレーうどんのレベルですからしれていますがね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です