広島牡蠣時雨煮


酒と針生姜、濃い口醤油、てんさい糖ですばやく焚きあげる。のんびり焚くと貝柱が硬くなり身も縮んでしまう。


カテゴリー: 煮物 パーマリンク

コメント

  1. mangobanapako のコメント:
    見事な照り加減。この時雨煮とむかごご飯とおからの入ったお弁当がいいです(笑)
  2. mangobanapako のコメント:
    そうそう、忘れてた。あと美味しいだし巻き卵とごま和え(金時ニンジン入り)
    で(笑)
  3. Haru のコメント:
    先週は、牡蠣三昧のHaruです。
    そうか、こういう楽しみ方もあったんですね。
    うちはさっと湯通しして、ポン酢で楽しみ、残りは鍋にしました。
    なじみの魚屋の牡蠣で、ホントおいしいですよ。
    まだまだ牡蠣のシーズンは続くので、今度はこれを作ってみますね。
  4. zenemon のコメント:
    mangoさん、今朝の娘のお弁当をアップするのを忘れてましたのであとでアップしますね。 こんな感じがmangoさんのお好みかな?
  5. zenemon のコメント:
    Haruさん こんばんは。
    牡蠣鍋、土手鍋もうまいですね。旬の味です。鍋の良い所は野菜を陽性にしながらたっぷり食べられるところですね。 身体が温まります。
    私はどうも牡蠣を養殖している海岸を信じ切れないので生牡蠣は食べません。  くわしくは私のブログのリンクからABCQの日記さんに行ってみてください。 元保健所の偉いさんが書かれた勉強になるブログです。 ノロウィルスの怖さを知ってからは生牡蠣は食べなくなりました。 加熱すればぜんぜん平気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です