鱧骨切り特訓講座の復習  Kiさん(124-4)

おろすのは丁寧におろせています 次は丁寧に速くをめざしましょう。
「速く」を手に入れるために一時期荒くなってもかまいません。 5分でおろせるようになるには3分で下ろす練習がいるということを理解してくださいね。
骨切りは今までで一番良いと思います。 よく打てています。
包丁の角度も維持しようとする意思が見えます。 あとは数をこなすしか無いですね。
どこまで練習できるかやってみましょう。


おいしそうに棒寿司ができています  こんなにたくさん茗荷はいらないので 寿司の断面も魅せるように盛りましょう


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. Ki より:

    見ていただきありがとうございます。次は、速さを最優先に考えます。骨切りは、どうしても考えながら打ってしまうので、骨切りの前に、考えをまとめてから臨みたいと思います。茗荷は失礼しました。あくまで主役を引き立たせるに留めるよう気をつけます。

    • nakagawa より:

      Kiさん  コメントありがとうございます。
      考えながらショットをしてはいけません 怪我のもとです。
      盛り付けは主従をよく考えてから企画しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です