鱧骨切り特訓講座の復習  Isさん(120-2)

上手にできました。
おろすところは最近流行っている?w 右鎌先に切っちゃう病に感染しましたね。
骨に沿って刃を入れにくくなるので注意しましょう。
あとは丁寧におろせています。 もうすこしスピードアップできたらもっと格好良いですね。
スピードアップを妨げている1つに出刃の切れ味があります。 しっかり砥いで豚鼻の骨などすいすいと切れるようになると2〜3分早くなるでしょう。
骨切りは思い切りと良い音が復活してきました。 いいですねぇ。
今はわざと打ったあとの振り上げを大きくしていますが、今の音と速度を変えずにすこしフォームを小さくしてみましょう。 するとどうでしょう 1ページの厚みが薄くなるのです。 お試しください。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 友紀 より:

    みてくださり、ありがとうございます。
    右鎌先に切っちゃう病(笑)、気をつけます!
    自分ではスピードを意識しておろしていますが、後で動画を見返すと、まだまだ無駄な動きが多いなと感じます。
    出刃包丁の切れ味も原因だったのですね。包丁とぎ、頑張ります。
    骨切りは、まだコツが掴めていないのですが、今の音と速度を変えずにフォームを小さく!をやってみます。
    ご指導ありがとうございます。

    • nakagawa より:

      友紀さん  コメントありがとうございます。
      いろんな可能性がうずまいてまとまりがついていないあなたです。
      できることとやれていないことをしっかり整理しましょう。
      それには自分の動画をよく観察することです。
      中川善博になったつもりで自分の動画を大きな画面で見ましょう。
      そして中川善博になったつもりで問題点をあぶり出してみましょう。
      「中川さんだったらここはこう言われるだろうな」という点をいくつ見つけるか
      ゲームのように楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。