桂剥き投稿2022   Teさん(140-1)  8

上手になってきました  包丁砥ぎでは正しい動きを前編見られました。OKです。
あとはすべての行程において包丁を砥石に押し付ける動きを消してください。
砥石に包丁が触れるか触れないかのところで前後點せましょう。 これが赤ペンのときの筋肉関節の使い方です。 ここでやっと一致するのです。
桂剥きもできています。 もっともっと力みを抜きましょう。 小鳥が逃げてしまうくらいでOKです。 逃しましょう。
速く厚みを揃えて次の段階に進みましょうね。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. あやか より:

    中川さん
    完全に脱力するのはまだまだ難しいですが、
    だいぶと包丁に対する苦手意識が減ってきました。
    小鳥を逃がせるくらいの手の使い方を意識します。
    中川さんに全部見ていただけるので、安心して練習ができます。
    本日もご指導ありがとうございました。

    • nakagawa より:

      あやかさん  コメントありがとうございます。
      本当に苦手意識が減ってきましたね。
      プルプル小刻みに震えるのがなくなってきました。
      小鳥逃げまくるところを早く見せてくださいね。
      楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。