おせち投稿2021-2022  Yuさん(94-4)

中川さま
こんばんは。
今年も大変お世話になりました。

おせち投稿をお送りさせていただきます。

<一の重>
十七品
・筍旨煮
・海老芋含め煮
・菊花蕪
・紅白膾
・梅人参
・花百合根
・編笠柚子
・黒豆
・たたき牛蒡(酸無し)
・出汁巻
・足赤海老具足煮
・スモークサーモン
・ごまめ
・牡蠣時雨煮
・鰊昆布巻
・地鶏の鍋照り焼きと胡瓜の小串
・数の子

<二の重>
一品
・筑前煮

秘伝でおせちを習っている時も、
技術的なこと、そして気力の面からも
投稿できるか自信がなかったので、
こうやってメールを書いている自分に驚いてます。

12月は特に一番出汁かうどん出汁のどちらかを頂くように
心掛けていたので、気力がもったようです。

それでも作り始めるまでは胃が痛くなるような気分だったのですが、
手と体を動かしてみると久しぶりに楽しい気持ちになりました。
技術的には目をおおいたくなるものばかりで、
練習していないので、当たり前なのですが、
お料理していることを楽しめていることが自分でも嬉しく、
来年はもっと料理をしよう、
それを継続できる自分になりたいなと前向きな気持ちになりました。

一緒にくらし始めた母が、このおせちのどれを食べてくれるかわかりませんが、
少し認知症が進んでいるので、おいしくないものは食べてくれず、
とても正直です。
中川さんのうどん出汁はいつも最後の一滴まで飲み干すので、
あらためてすごいなと思いました。

来年度は、自由人Ⅰとしあわせコースを再受講します。
引き続き、中川さんや美風さんの生き方に接することができます。
もっともっと吸収し、アウトプットできる自分になれたらいいなと思っています。
来年もよろしくお願い申し上げます。

どうぞ良い年をお迎えください。

Yu(秘伝コース、94-4)

よく頑張りました。
良いお年をお迎えください。

塾長


カテゴリー: おせち投稿2021〜2022 パーマリンク

コメント

  1. まき より:

    中川さん
    こんにちは。
    おせち投稿を記事にしていただきありがとうございました。
    元旦の朝、テーブルに並べたおせちを見た母は、母なりに何か感じるところがあったようで、好き嫌いを言われるかなと思っていたのですが、気を使って全種類食べてくれました。
    中川さんの味には程遠いものばかりでしたが、これまで自分で作るという発想がなかったものも作ることができ、優しく食べ飽きないおせちになりました。翌2日には、母も交えて友人親子ともあらためておせちを楽しむ機会があり、喜んでもらたことは今年末のおせち作りの励みになりました。また、投稿された皆さんのコメントからも、毎年の投稿への意欲が湧いてきました。今回作れたからこそ、スタートラインに立てたと思います。もっと丁寧に、復習をしながら、この1年、どこかおせちを意識しながら頑張っていきたいなと思います。
    中川さん、美風さん、本年もよろしくお願い申し上げます。
    麗可さんやタモさんにもいっぱい助けていただくことが続くかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

    • nakagawa より:

      まきさん  コメントありがとうございます。
      お母様が食べてくださったのですね。 おめでとうございます。
      ついにあなたのおせち人生が始まりました。
      毎年毎年少しずつ美味しくにぎやかに設えていきましょう。
      私がずっとお手伝いします。
      一緒に学びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です