鱧骨切り特訓講座の復習   Hoさん(3-3)

手前がグローブになるのは水洗いのときにお腹のセンターに包丁を入れられていないのでは? まな板に貼り付けた腹腔の端が広すぎるように見えます
494gのほうは逆側の腹腔が広いような。 ようするに水洗いのときの包丁の入れ方が不正確なのではないかと気になりました。
必要以上に長い腹腔はグローブの原因になりますね。 その証拠に肛門より下はめくれあがらないですからね。
次回チェックしてみましょう。
切り離す位置が違うような・・・手前のサクが長すぎる気がします。 寿司にしても長いかな?


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おはる より:

    中川さん
    グローブの原因をありがとうございます。
    おろしている時も、思い返せば違和感がありました。確認します。
    グローブに気を取られて打っていましたが、
    久しぶりの白焼き用、もっと重要な注意する点がありました。
    切り離しも、改善します。

    • nakagawa より:

      おはるさん  コメントありがとうございます。
      私がおろしているときの動きを思い起こしてください。
      尾びれを切り落として続きで腹腔の端を切り落としていると思います。
      肛門あたりの体幅でカマまで直線になっているはずです。
      ものすごく神経を使うカットなんですよ。 ざっくり適当に切り落としていないかな?
      チェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です