鱧骨切り特訓講座の復習   Haさん(12-10)

丁寧におろせています、もうそろそろスピード感も備えてきても良いでしょう。
さっ!しゅっ! ぱっ! こういう音が動作の中に散りばめられているほうが何事もうまくいく氣おがしませんか?
骨切りも、柔らかい身を切っていくときはこの速度でも良いですが刃先が骨に到達するやいなや超高速な動きが一瞬現れて鮮やかに骨を斬る(切るでは無い)のです。
その超高速の動きの慣性(はずみ、勢い)で刃先が皮の半分まで切り進むのです。

えーと 鱧蕎麦ですよね? 三つ葉蕎麦ではありませんよね?
メインで陽性な鱧が上にあるのは いかがなもんでしょう?
陰陽丼の正面がずれていますね。 正面を意識して器を使いましょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ペロリ より:

    見ていただいてありがとうございます。
    スピード感気をつけます。鱧蕎麦もメインの位置や丼の陰陽も
    急いでも正確に出来るようにします。

    • nakagawa より:

      ペロリさん  コメントありがとうございます。
      丁寧に速く これが課題になってきそうですねぇ。
      まずは正確に、それから速度を上げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です