鱧骨切り特訓講座の復習  Hoさん(3-3)

10枚落としの打ち方をすこし勘違いしているようなのでここで修正しておきましょう。
10枚打って11枚めに皮を切り離していますが、そうではなく10打目を打ったときに皮まで切り離しましょう。
10枚打ち終わるまでリスムに乗って決して手を止めずに打ち切りましょう。
たまには付け焼き用に1匹まるまるつなげたものを打ちましょう。
今日はとくに刃の進みがバラバラでしたね。集中力が途切れていたのかな?
しんどいときは無理に練習しないようにしましょうね 大怪我のもとになりますから。
無事が一番なのです。


ここはよく刃が降りていますね


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おはる より:

    中川さん
    ご指導ありがとうございます。
    先へ先へと進もうとする癖がまた出ていたように思います。
    鱧を購入する時点から体調や予定を考えて練習計画を立てていきます。
    練習環境を整えて1回1回を大切にします。
    昨夜おろし終えた時点で、骨切りをいつしようかと、ものすごく悩みました。

    • nakagawa より:

      おはるさん コメントありがとうございます。
      鱧骨切りほど「ガガガ」が通用しないものはありません。
      慌てればあわてるほど上手く行かない現実が襲いかかってくるでしょう。
      真摯に紙一枚ずつの確実な前進をしてくれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です