鱧骨切り特訓講座の復習  Naさん(47-3)

驚きました 骨切りのリズムが素晴らしいです。 仕上がりは手前が皮まで切れて奥が皮まで降りていない典型的な「尻もち」切りになっているのでその点を直せばすぐに上手になるでしょう。
調理台の高さが適正かどうか、包丁の握りが強すぎないかチェックしましょう。

手前が切れて奥が骨が残るパターンですね。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おたに より:

    中川さん

    ご指導ありがとうございます。
    尻もちの原因は、包丁の握りの強さの気がします。調理台の高さも、確認します。

    今日、焼いた鱧を夕食に出したのですが、息子は「骨がある」と言って食べてくれなくて悲しかったです。完璧に骨切りして息子にも食べてもらえるよう、頑張りたいです。

    • nakagawa より:

      おたにさん コメントありがとうございます。
      やはり力みが原因のようですね。
      力みさえ取れれば たいがいの技術は上達します つまり力んでいてはなにも上手くならないということです。
      子供さんに喜んでもらえる鱧料理に仕上げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です