鱧骨切り特訓講座の復習  Naさん(47-3)

上手におろせるようになってきましたね。 この鱧は大阪から送ってもらったのかな?
シメた翌日になると細胞がよわって筋肉の粘りが小さくなって骨切りしたときにミンチのような身が前にたくさん飛びます。 上手になってきたら飛ばなくなるのですがある程度は飛びますね。
頭の方から肛門までに何ショットしたかを記録していきましょう。 200ショットを目標に薄く切れるように練習しましょう。
上手にできています 身の状態から鱧はシメて翌日になってから骨切りしているのがわかります。
活けの状態で骨切りしてすぐに焼き、流線が出るともっと美味しそうになるでしょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. おたに より:

    中川さん
    ご指導ありがとうございます。

    鱧は、たくやさんに送っていただきました。
    地元で入手したいのですが、近くのお店だと900サイズしか取り寄せできないとのことで諦めました。
    ほかに入手出来そうなところを探してみます。

    • nakagawa より:

      おたにさん コメントありがとうございます。
      やはりそうでしたか、1日経った鱧と当日の鱧ではピクピク感が違いますのでぜひ当日の鱧で練習してほしいです。
      東京ならば先輩たちが買った歴史があるので教えてもらえますが、おたにさんの近くに鱧先輩はおられないでしょうから
      魚屋さんやデパートの魚屋さんに手当り次第聞いてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です