鱧骨切り特訓講座の復習  Kuさん(92-4)

50本もおろしたら もうおろしかたを思い出しながらなんてことは無いでしょう?
勝手に手が動いて次は何をするのかがわかるはずです。
骨切りの精度にこだわらなければ間に合わなくなって鱧のシーズンが終わってしまいます。  前に包丁を振り上げることに意識が行き過ぎていますね。
肝心の骨を直角に切る。 薄く薄く切る。 これだけに集中してください。
どうすればよいのか 先人の上手さに学ぶのです。 私の動きでも良いです。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 未佳 より:

    中川さん、ご指導ありがとうございました。

    はい、確かに頭で考えている暇が無くなっています。
    これが体が覚えるということなんですね。

    骨切りのフォームにこだわって、肝心の切るところへの意識が抜けていました。
    少しでも自分のものにできるように学びます。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です